南京夜生活网

上海徐汇区桑拿会所

の隣に住んでいて、いつも長く、賢明で、年長者を尊重しているように見えます他の家族の子供たちのようです。

「ああ、お姫様のために何かしたって言ったの?」ゴンスン?エルニアンはこの時とても興味深かった。

「もちろん、ある程度の料金を請求する必要があります。」ボス?ルオはこの時率直に言った。「私が経営する店は通常、ゲストのために解決したいいくつかの問題を解決します。」

「そうです。」ゴンスン?エルニアンはうなずきました。問い合わせを続ける時間を利用しませんでした。

報酬を集めて人々が問題を解決するのを助ける小さな店が常にありました。多くの同様の組織がありますが、これらの組織のほとんどはキラー組織です。

もちろん、この子供は殺人者のようには見えませんでした。彼は殺人者の気質を持っていませんでした。彼が威厳のある玄元宮殿の王女を助けることができた理由については、GongsunErniangはそれには入りませんでした。

玄元宮殿の2つの師団の関南京桑拿会所网係は複雑です。玄元皇室が権力を握っていても、平日はすべてが煩わしいです。王女が何かをしたいと思っていて、宮殿の2つの師団にそれについて話してほしくない場合しかし、彼がそれを個人的に行うために部外者を送るならば、エルニアンが信じていたのは彼女が玄元宮殿から脱出した時のようでした。

「では、どうやってこの異世界に南京夜网论坛入ったのですか?」ゴンスン?エルニアンはボス?ルオの目を直視してすぐに尋ねた。

「私は留学中です。この間、学校が休みだったので、女性の同伴者を連れて旅行しました。」ボス?ルオはしばらく考えて、「その後、使用した交通機関が壊れたので、私は一時的に古いお城に泊まりました。このお城の持ち主が持っています。ゲームに招待してくれて、この場所に来ました。」

「これは半分真実だ。」ゴンスン?エルニアンはさりげなく言っ江苏桑拿论坛た。「でも、あなたの小さな仲間は目を楽しませてくれると思うので、私はそれを真実と見なすことができます。あなたは私の息子のモ?サンと一緒に歩いていると思います。同じ。悪い男。」

「モサンさん?」ボス?ルオが瞬きました。

ゴンスン?エルニアンは冷静に言った。「モ?サンは本質的に特別です。シンプルに見えますが、彼は獣の本能を持っています。彼は善人と悪人を区別することができます。」

「それは非常に特別南京桑拿夜网です。」ボス?ルオはうなずき、そして再び言いました。 :「モサンさんは本当にあなたの息子ですか?」

ゴンスン