南京桑拿网

惑をおかけしております。」
「大変大変です。」
スタッフの情報を西野一樹に渡した後、一言告白して帰りました。
今日は忙しかったです。3日間に分かれていたので、今日はリハーサルに来る人が少なかったのですが、西野一樹はまだ挨拶をするつもりはなかったので、めちゃくちゃでした。第二に、昨夜遅くまで寝て、??何か付け加えたいと思いました。寝る。
自分のリハーサルが終わった後、面接を受けて帰る準備ができ
た。挨拶する必要がなかったので、ソファに目を閉じて起き上がった。横の鈴木拓も上司が寝たいのを見て、椅子に座って勉強した。何かが来る。
誰もが同じ考えを持っているようで、西野とシュウはぼんやりと眠りに落ち、誰も邪魔をしませんでした。1
時間寝た後、西野とシュウは目覚めました。時間を確認したところ、ほぼ同じと推定されます。
残りの後、西野とシュウ木のムードが大きく良くなりました。さすが
に少し休憩した後、スタッフがラウンジのドアをノックしました。
「西野さん、ステージに行ってください。すぐにリハーサルが始まります。」
西野一樹はうなずいて立ち上がった。ここでは、フォロワースタッフの足跡が赤と白の歌の公式ステージに来ています。
彼は初めて入ったのではなく、最初のリハーサル中にもそこにいました。今日レイアウトが完成し、すべての効果が修正されただけです。スタッフが
常駐し、挨拶の後、西野一樹がやってきて、
野木坂の6人組のダンスグループがすでに待っていた。
「みなさん、また会いましょう。」西野一樹は群衆に手を振った。こんにちは、
6人もお互いに
会いました。西野一樹は白石舞に小さな表情を見せ、白石舞は彼をちらりと見返しました。最後にナチャンと密かに行った時は決着がつかず、
生田エリカは小さな手を振った。、西野一樹に走った彼の目は熱心だったが、振る舞いが悪かったので戻った
西野七瀬は西野一樹の目に一瞬会い、それぞれが微笑んだ
。3人のガールフレンドと密かに秋葉を送った。その後、西野一樹は少し絡み合った堀見の目を見て、前回の手紙を送って以来、ホウリは別の方法で国を曲げて救おうと考えていたが、それでも彼の気分は打撃を受けた。少し変な雰囲気になり、この時期はコミュニケーション
が取れず
、齋藤飛鳥は西野一樹を観察し、こっそりと微妙な表情をとらえていましたが、高山義見は笑顔を見せず、眉をひそめたようでした。いくつかありますが、
西野一樹と

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です